» 2015 » 8月のブログ記事

私は借金をしたことで差し押さえされる可能性があったので財務整理を決めました。債務整理をした場合は借金が大幅に減りますし、差し押さえを避けることになるからです。

家から近くの弁護士事務所で話を聞いていただきました。家族のような気持ちになって相談に乗って貰いました。自己破産というのは、借金を返すことがもう確実に、無理だということを裁判所に分かって貰い、法律により、借金を取り消してもらえる方法です。

生きていくのに、最低限、要する財産以外のものは、すべてを手放すにことになります。
日本国民であるうちは、誰もが自己破産できます。債務を整理すると、結婚の際に影響があるのではないかと思っている方がいますが、債務整理なしに、多額の借金を抱えているほうが問題です。債務整理をし立ために結婚に及ぼすデメリットとして考えられるのは、家を建てたい時、債務整理を行った後、7年間は住宅ローンが組めない事です。
7年以上間をとればローンを組向ことが可能になります。債務整理というフレーズに聴きおぼえがない人も多いのではないかと思われますが、自己破産、任意整理、そして過払い金請求など、借金で辛い思いをしておられる方が、借金を片付ける方法をトータルで債務整理と言うのです。 借金返済できない

なので、債務整理の意味は借金整理法の総称と考えることが出来ます。

債務整理を行った後で、住宅ローンの仮審査を銀行で申し込むとどうなるかというと、利用することができなくなってしまいます。

債務整理をした場合には、その後の数年間は、借金ができなくなり、信用情報にも掲載されてしまいます。利用したいと思った場合でもそれなりの時間をおいてみましょう。